倦怠期の別れは後悔しやすい

トップページ > 倦怠期と別れについて > 倦怠期の別れは後悔しやすい

倦怠期には愛情か執着心かの見極めが大切!

倦怠期には「今まで一緒にいたのだから別れるなんて面倒」「愛が覚めたなんて信じたくない」なんて思いも湧きますよね。それは、愛情なのでしょうか?

本当に相手が好きで、好きな人のために何かしてあげたいと思うのが愛情とされていますが、愛情だけが長く続くとは限りません。

相手に対して執着心や依存心の方が大きくなり、愛情とはかけ離れた感情を持つことも少なくありませんので、本当に相手に対して愛情があり、これからも一緒に人生を共にしていきたいのか相手の気持ちにも耳を傾けながら、じっくり自 分の気持ちと向き合ってみましょう。

倦怠期にも後悔先にたたずとならないように慎重に!

倦怠期には相手の言動に思わずカッとして、別れを口に出し後悔するという場面は少なくありません。実際に身に染みているという方もいるのでは?

喧嘩の最中はお互いに感情が高ぶっていますので、言ってはいけないことを口に出して相手を傷つけることもあります。

お互いに愛が覚めたわけではなく、心の底ではやり直したいと思っているのにもかかわらず別れになるのは辛いものですので、別れてから後悔しないように納得するまでよく話し合い別れに慎重になることが必要です。

一度離れた心を取り戻すのはなかなか難しいもの。時間をおいて冷静になると、喧嘩したことが小さなこととして感じられるかもしれませんよ。