倦怠期の存在理由

トップページ > 倦怠期と別れについて > 倦怠期の存在理由

倦怠期にお互いの存在の大きさを再認識するため

倦怠期は、相手に対する不信感や本当に自分を愛しているのかという不安感に苛まれ、感情に任せて別れを口にしてしまいがち。しかし、今まで大切だと思っていたパートナーが居なくなった場面を想像してみたことがあるでしょうか?

お互いに側にいることが当たり前になり、無意識に相手を自分の思うようにコントロールしようとして上手くいかないとお互いにイライラ。
そんな関係を乗り越えるために倦怠期が存在し、パートナーの悪い面だけに目を向けるのではなく、良い面にも目を向け相手の存在がどれほど大きいものだったのか再認識するためと捉えましょう。

倦怠期はピンチでなくチャンス!より良い関係になるためのレッスン

どんなことでも、ピンチが訪れた時にはチャンスと捉えて行動を起こすと、状況が良い方向に向くことが多くなるものです。倦怠期も同じで、2人の今までの関係をより良くするためのレッスンと考えると、2人の関係がグンと深まっていく可能性が出てきます。

相手に対して自分の思いばかりを押しつけていないか、思いやりを忘れていないか自問自答していたらなかった部分を改善していきましょう。
倦怠期は、お互いにとっての相手の存在意義を再確認し、自分自身を顧みてより良い関係にしていくために必要な過程とも言えます。