倦怠期は予防できるのか

トップページ > 倦怠期と別れについて > 倦怠期は予防できるのか

倦怠期を予防する方法とは?

人は長く付き合うほど、相手に飽きてしまうことがあり、それが原因で訪れるものが倦怠期です。倦怠期を経験することで、2人の絆が深まると考えれば、プラスになりますが、できれば倦怠期は避けたいものです。

そんな倦怠期を予防する方法はあるのでしょうか。

一番の予防法はマンネリを防ぐことになります。マンネリは、いつもと同じ行動をする慣れが引き起こします。このことから、1日どんなことをして過ごしていたのか振り返ってみて下さい。朝は決まった時間に起きて、同じメニューの朝食を食べ、いってらっしゃいのあいさつをする。

帰ってきたら、一緒に夕食を食べて、同じベッドで眠る夫婦生活を繰り返していたりしませんか?付き合っているカップルの場合は、お互いが離れている時は、定期的にメールや電話をする、週末のデートはランチを食べて彼の家に行くというお決まりのコースをたどっていませんか?

いつもと同じ行動をとることの何が悪いのかと思う人もいますが、定番となった行動は慣れとなってしまい、倦怠期を引き起こします。それだけでなく、ルーティン化した行為をしなければ罪悪感が発生して、ストレスがたまってしまうこともあります。倦怠期を防ぐためには、定番化した行動をしないなど意識的にいつもと違う行動を起こしましょう。

もうひとつの方法としては、恋愛に依存し過ぎないことがあります。これは同じ相手に新鮮な恋愛感情を抱き続けるのは難しいことにあります。いくら好きな相手でもドキドキする時期もあれば、落ち着く時期もあると思って、あまり恋愛に依存をしないようにしましょう。