魔の3か月からくる倦怠期

トップページ > 倦怠期の時期 > 魔の3か月からくる倦怠期

魔の3ヶ月が原因の倦怠期とは

付き合って3ヶ月目というのは、別名・魔の3ヶ月と言われています。よく聞く恋愛話では、付き合って3ヶ月で別れてしまった、付き合って3ヶ月目が長続きするかどうかの目安になるという話です。付き合ってしばらくたった3ヶ月目を過ぎると関係が変化し、その節目の3ヶ月を過ぎれば、そのカップルは長く続くような話をしている人が数多くいます。その時期に倦怠期になってしまった場合、一体どうすればいいのでしょうか?魔の3ヶ月を乗り越えて、長く付き合っていける関係のカップルになりたければ、意識してマンネリ化することを防ぎましょう。

魔の3ヶ月が原因で起こる倦怠期で何が起こっているのかというと、恋愛ホルモンの分泌が減少してきます。最初は相手の為に何でもしてあげたいと思っていても、3ヶ月もたつと落ち着いた関係になります。相手のいい所ばかり見えていた時期は終わり、あいての嫌な所も冷静に見つめられるようになり、不満がたまってきます。不満がたまったまま、ためこんでしまうとケンカが多くなり、関係も悪くなります。こういった状況は恋愛ホルモンが減少した証拠で、お互いの素の顔をさらけ出すようになって、相手との関係をステップアップさせる時期にきたことを意味しています。

倦怠期になってしまったら、お互いの不満をためこまずに伝えることが重要で、相手の意見を尊重するようにします。お互いが過ごしやすいように、一歩ずつ歩み寄ってアイディアを出して改善していくようにしましょう。