3年目にくる倦怠期

トップページ > 倦怠期の時期 > 3年目にくる倦怠期

3年目にくる倦怠期はなぜ起こる?

倦怠期はドキドキしている、付き合って最初の頃より新鮮さをなくしてしまう時期に起こると言われています。最初は目と目が合っただけで、ドキドキして感激してしまうものですが、それは恋愛ホルモンが分泌されているからです。

付き合って3年目に来る倦怠期は、恋愛ホルモンが減少することが原因で起こると言われています。そのため長く付き合っていると、ドキドキすることはなくなり、隣にいることが当たり前のような存在感になります。恋愛関係が始まって分泌される、ドキドキする恋愛ホルモンに代わり、幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌されると、安心感やリラックスを覚える関係性となります。

そんな関係になると、一緒にいすぎて好きなのか不安になるようになります。相手にその不安を知られないように、我慢しているとそれがきっかけになって倦怠期となってしまいます。

3年目にくる倦怠期は、恋愛感情が少なくっても相手との関係が良くて、人間として好きと思っていれば乗り越えられる可能性はあります。

しかし、相手への気持ちが一気に冷めてしまう人もいます。そうなった場合、違う相手に目が行ってしまい、危険な時期なのです。違う異性にときめくようになってしまったら、もう一度相手を見つめ直しましょう。

3年一緒に過ごしたことができたのか、相手のいい所はないのか、見つめ直すチャンスです。恋愛感情は一時的なものかもしれませんが、相手を尊重し尊敬しあえる関係を築けていれば、2人の関係は長く続けることができます。