倦怠期は友人と過ごして気を紛らわす

トップページ > 倦怠期の乗り越え方 > 倦怠期は友人と過ごして気を紛らわす

倦怠期は多くのカップルが体験するものです

今まで 気にならなかった夫婦やカップルの態度や行動にイライラしたり感に触ったりする時期が到来していませんか。
一般的にそう言った時期を倦怠期と言い、長く一緒に居るからこそ起こりうるものです。一緒にいることが当たり前になってしまい、刺激が薄れてしまうことが多くの原因と言われています。この感情に歯止めが効かない場合最悪は離婚や破局に至ってしまうケースも少なくありません。

しかし少し考えてみましょう。最初の2人は胸が苦しくなるほど愛おしく想ったり逢えるだけでドキドキしたり嬉しくなったりしたのではないでしょうか。そんな倦怠期を忘れるためには日常の当たり前に変化を起こすことが重要です。

自身の余暇の時間をパートナーと過ごすことを少し止めて、友達と過ごしてみてはいかがでしょうか。友達と逢って食事をしたり趣味を共有し楽しむことにより気持ちがリフレッシュしてきます。
また、友達と今のパートナーとの倦怠期について相談をして意見を聞いてみるのも重要で、自分と違った視点で気づきを得ることができる場合もあるでしょう。またそうでなかったとしても自身の中でモヤモヤしていた感情を口に出すことにより整理することができたり、解消することができるかもしれません。

さらに、友達と会うことができる環境はパートナーに与えてもらっていることを忘れないでください。特に夫婦の場合は家事をしてもらったり、子供の面倒を見てくれる場合が多いので感謝をする気持ちが芽生えてくるでしょう。やがてその感情が態度や行動になり倦怠期が通り過ぎて忘れてしまっているかもしれません。