倦怠期はオシャレをしてイメチェンする

トップページ > 倦怠期の乗り越え方 > 倦怠期はオシャレをしてイメチェンする

倦怠期への対応にイメチェンを考えるのも一つの手

夫婦またはパートナー同士の飽きや嫌悪感を意味する倦怠期は、どんなに仲が良い夫婦またはカップルであっても、一生のうちに一回または複数回は訪れてもおかしくはないものです。もちろん、それを放置していては今後の関係にも影を落とすことになり得策ではありません。そのため、倦怠期から抜け出すために、話し合いをすること、これまでとは異なる対応、夫婦であれば子供に対する教育の方針の確認をすることなどを欠かしてはならないでしょう。

しかし、他にもおすすめできることとしては「イメチェンをすること」も挙げられます。よく人は初対面の人と会うとき第一印象である程度の判断がされがちですが、実際はある程度の関係になっている人たちであっても、見た目を変えることで周囲から驚きと意外性を感じ取ったりすることがあります。
これは、「メラビアンの法則」という「視覚情報は55%、聴覚情報は38%、言語情報は8%」という法則でも証明されていますが、結局は見た目が大事だと言うことです。つまり、今までと異なる印象を与えるようにすれば、パートナーに対しても新たな関心を掘り起こせるだけでなく、そこから始まる人間関係にも弾みがつくでしょう。

このため、「髪型を変える」「化粧をする」「服装を変えてみる」「香水を使ってみる」などの取り組みを行って、良い意味でパートナーの度肝を抜いてあげましょう。大丈夫、きっとパートナーは最初こそ驚くかもしれませんが、すぐに感動して以前とは違う一面を見せてくれるようになります。