新しいことにチャレンジして倦怠期を耐える

トップページ > 倦怠期の乗り越え方 > 新しいことにチャレンジして倦怠期を耐える

倦怠期の定義と発生する原因として挙げられること

「倦怠期」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
元々は「特に夫婦間が飽きて嫌になる時期」という意味を持ちながらも、最近ではカップル間でも使用されることが多くなっていることも珍しくありません。実際、男女ともに過半数近くが「倦怠期の経験をしたことがある」と回答している統計データも存在しているといわれています。その原因を辿ると次のことが指摘されることが多いです。

①一緒にいることで見えてくる価値観の相違
②新鮮味がなくなっていくことで交流も知り合って間もないころよりも少なくなりがちである

これら以外にも挙げられる原因はありますが、少子高齢化、離婚率の増加、未婚化、晩婚化などとも絡んでくる要素でもあり無視できない問題でしょう。

倦怠期のためにもおすすめできる有効な対策

しかし、逆に言えば一つの転機であると捉えることもできます。何故なら、夫婦にしてもカップルにしてもこの問題の乗り越え方を考えて有効な対策を実践することで「かけがえのない存在」に変わるチャンスを秘めているためです。その実現のためには、タイトルにもある「新しいことにチャレンジする」という行動を起こすことが一つの有効な対策となり得ます。おすすめの対策は次のことです。

①当事者同士の本音を共有すること
②お互いの言葉遣いを改めてみて付き合った当時の環境を再現を通じて新鮮味を作ること
③お互いの長所と欠点を把握すること

これらをぜひ行動に移してみましょう。そして、これを機に倦怠期を無事に乗り越えて、「あの時の関係は微妙だったけど今はお互いを大切に想っていられる」となればとても素敵なことですね。