倦怠期の彼氏の本音

トップページ > 倦怠期と彼氏 > 倦怠期の彼氏の本音

倦怠期の彼氏が思っている本音とは

人間関係でトラブルになった場合、相手の立場に立つことは、トラブルを解決するためにはいい方法です。付き合っていると起こる倦怠期は、お互いが倦怠期と感じるカップルもいれば、片方だけが倦怠期と感じるカップルもいます。片方だけが倦怠期と感じていて、それが彼氏だった場合について考えてみましょう。

倦怠期で彼氏から距離を置こうと言われた彼女は、彼氏の本音は分からなくなっています。付きあっていて順調だった時は、相手が何を考えているのか分かることが多いですが、気持ちが離れてしまうと、全く分からなくなることがあります。
彼氏全てが感じているわけではありませんが、倦怠期の彼氏の本音には、様々なものがあります。
例えば、彼女の愛情が強すぎて重荷になっている、ケンカの時に過去のことを引っ張りだされた、彼女と一緒にいてもやることがなくなった、男として扱われなくなった、彼女のドキドキする要素がなくなったなどが、彼氏の本音になります。

愛情が強すぎることはいいことのように見えますが、相手の愛情が過剰になると、自分は少しずつ引いていき、自分の彼女への愛情がちっぽけなものに感じてしまうことがあります。さらにケンカで過去の話を引っ張りだされると、相手はどうしようもなくなり、気持ちが離れていってしまいます。
やることがない本音と男として扱われなくなったという本音は、特に倦怠期を加速させる要因なので、意識して2人で協力しあえることをしたり、彼氏を男として扱うようにしなければ、最悪の場合、別れることになるので、注意しておきましょう。