倦怠期の彼氏の言動

トップページ > 倦怠期と彼氏 > 倦怠期の彼氏の言動

倦怠期に会う機会が減少してくる

お互いに毎日でも会いたいと思っていたのに、最近では連絡さえもあまり無いという場合は、倦怠期かもと不安になってしまいますよね。

倦怠期の彼氏の言動として多いのが、連絡が無くなりデートの機会が減ってくること。また、会っても話をせずにスマートフォンばかり操作しているなど口数も少なくなりがちです。

更には、連絡をしても無視されるなど、今まであんなにラブラブだったのが嘘のような態度が多くなります。そんな時にあまりしつこく連絡すると、余計嫌われることにもなりかねませんので、少し距離をおいて様子を見ましょう。

倦怠期にあらわれる原因不明のイライラ

相手のちょっとした言動にイライラしてしまうのが倦怠期の特徴の一つですが、その原因は明確なことも多いものです。しかし、原因も分からずイライラされると一緒に居る方もイライラがつのってしまいます。

倦怠期では彼氏の言動の中で謎のイライラが多くなり、そのイライラが原因不明であることが少なくありません。

なぜそんなに不機嫌なのかと聞いても答えず、無視や一方的にイライラの原因を押し付けられるなど理不尽な言動をとられると悲しくなりますよね。そんな言動を無理に変えようとすると、逆に喧嘩になってしまうこともしばしばですので、冷静な態度を取ることを心掛けましょう。